ドトールでお得にコーヒーを飲む方法

ドトールでお得にコーヒーを飲む方法

ドトールでお得にコーヒーを飲む方法を見ていきましょう。

ご紹介する方法を使えば、ポイ活にもなってお得にドトールでコーヒーやスイーツを食べることができるので、参考にしてみてください。

ドトールバリューカードを使う

ドトールバリューカードは、チャージして支払いができるドトールグループ専用のプリペイドカードです。1ポイント=1円として10ポイント単位で使えますし、注文後の会計が簡単なので時短にもなりますよ。

ドトールバリューカードのメリット
  • チャージするとポイントが貯まる。
  • ランクアップ制度でさらにお得になる。
  • ドトールグループで商品購入するとポイント貯まる。

先ほども言いましたが、プリペイド支払いだと会計が楽ちんなので混雑時は気を使わなくていいですよ。チャージは現金かクレジットカードでできます。

チャージはドトールグループ(※)で1000円単位で可能ですが、オススメは2000円以上をチャージすること。そうすると5%のポイントが貯まるんです。ちなみに、商品購入100円毎につき1ポイント貯まるんですよ。

それから、毎月1日に1000円以上チャージすると10ポイントプレゼントされますので行くタイミングも大事w

(※)ドトールグループはこちらになります
  • ドトールコーヒーショップ
  • エクセルシオールカフェ
  • カフェ レクセル
  • ル カフェ ドトール

ランクアップ制度もあって、マイドトールに登録が必要ですが、チャージする金額によってポイントがアップしますので注目してください。

  • プラチナ・・10%(年間5万円以上チャージ)
  • ゴールド・・7%(年間2万円以上チャージ)
  • シルバー・・5%(年間2000円以上チャージ)
ドトールバリューカードのデメリット
  • ポイント有効期限がある。
  • ポイントの後付けできない。

カード発行時に300円かかりますが、同時に300ポイントプレゼントされますので、実質無料ではありますが登録等の用紙に記入するなど手間がかかります。

また、3年間使わないとポイント失効になりますので注意しましょう。

ポイントは支払い後はできませんので、必ずお会計の前に出しましょう。

dカード・dポイントカードを使う

 

左=dカード、右=dポイントカード

dカード・dポイントカードもドトールバリューカードに劣らない優秀なカードで、ほぼ全国のドトール店舗で使うことができ、使い勝手もいいのでおすすめです。

dカード・dポイントカードのメリット
  • dカードで支払いで優秀な還元率。
  • 1ポイント1円単位で使える。

dポイントカードを出すと、200円毎で1ポイント貯まります。また、dカードで支払いすると3ポイント貯まるのはかなり高還元です。

ドトールバリューカードでは10ポイント単位で使えましたが、dカード・dポイントカードではdカード・dポイントカード1ポイント単位で使えます。

dカード・dポイントカードのデメリット
  • 1か月でチャージ上限が少ない。
  • ポイント有効期限がある。
  • ポイントの後付けできない。

チャージできる1か月の上限が、3000ポイントまでとなっています。ドトール バリューカードは上限30000円となっているので、10分の1しかできません。

ポイント有効期限は、ポイント取得から4年間ですので注意しましょう。

ドトール バリューカードと同じく、ポイントは支払い後はできませんので、必ずお会計の前に出しましょう。

株主優待を使う

株主優待カードは、ドトールの株保有株数によって送られてくるカードです。最大で、500株以上保有すると5000円分も貰えるんです。

株主優待カードのメリット
  • 株以上保有すればタダでもらえる。

株主優待は株をしている人からすると、一番の恩恵だと思います。だってタダですから。

株主優待カードのデメリット
  • 株を買うのにお金がかかる。

ドトールの株は1つ当たり1450円ほどします。500株保有するとなると70万円を超えるんです。1000円分の株主優待ですら100株以上ですので、15万円近く必要です。

資金力がなかったら金券ショップ・フリマ・オークションで入手してもよさそうですね。

クレジットカードを使う

クレジットカードで支払いもできます。ポイントを貯める方法もいいかもです。

クレジットカードのメリット
  • 通常1%のポイント還元。
  • 貯まったポイントを商品券や電子マネーに交換できる。

ほぼ全国のドトールでクレジットカード支払いできます。普段の買い物など全ての支払いをカードに終結できるので、どのくらいの金額を使ったかわかりやすいです。

JCB、VISA、Mastercardどれでも大丈夫ですよ。

クレジットカードのデメリット
  • 新規カード発行の手続きに時間かかる。

クレジットカードを発行済の方は普通に支払えば問題ないですが、作ったことのない方だと2週間くらいかかるので、めんどくさいと思いがちです。

電子マネーを使う

電子マネー支払いも調べてみました。

電子マネーのメリット
  • スマホ一つあれば支払いできる。
  • カードを持つ手間がない。

スマホ一つあればいいのでカード所持する必要がない。支払いも簡単です。

支払い可能な電子マネーはこちら

  • QUICPay
  • iD
  • PASMO
  • Suica
  • Kitaca
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん
電子マネーのデメリット
  • ドトールでチャージできない
  • 電子マネー使えない場合もある。

まとめ

ドトールでお得にコーヒーを飲む方法で、支払い方法の違いを解説しましたがいかがでしたでしょうか? 普段からよくドトールを使っている方、できるだけ安くコーヒーや商品を購入してドトールライフを楽しんでみてください。